産業廃棄物の処理は決められている│収集業者を選ぶポイント

作業員

再利用できるもの

ゴミ

壊れてしまった建物のガレキの中には、再利用することができるものがあるかもしれないのでガレキ選別を行なって、利用できるものとそうでないものを別けないといけません。選別するためには専用の機械を使用しましょう。

詳細を読む

廃棄物を選別する

作業員

産廃選別とは廃棄物の中から特殊な処理をすることで再利用することができるものを探す作業です。これは中間処理場という所で行なっていますが、環境リサイクル専用の機械を使用すれば、処理場じゃなくても選別することができます。

詳細を読む

処理の流れと方法

男性

産廃処理をするためにまずは収集業者が中間処理場まで運送します。そこで産廃選別をして再利用することができない廃棄物を最終処分場に運んで、廃棄物の状態によって埋立処分をしたり、周りに被害がでないように管理したりするのです。

詳細を読む

処理をするには

瓦礫

埼玉にある工場や工事現場には様々なゴミがあって、このようなゴミを産業廃棄物といいます。埼玉では産業廃棄物の処理方法が決められていて、普通のゴミのように処分することはできません。産業廃棄物をだした業者が責任をもって処理をしないといけませんが、業者が処理を行なうためには専用の機械やトラックを用意しないといけないでしょう。そのような業者のために、埼玉では産業廃棄物の収集を行なっている収集業者がいます。埼玉にある収集業者を選ぶ時に注意することは、収集業者によって回収することができるゴミの種類が違います。廃棄物の内容によっては回収できない収集業者がありますので、廃棄物の内容を確認して、その廃棄物の収集を行なっている業者を探すようにしてください。埼玉にある収集業者では金属や木のくずだけでなく、ガラスやコンクリートくずなどの産業廃棄物を取り扱っています。それだけではなく、汚泥や廃油などの多くの廃棄物を扱っているので、様々なものを収集している業者になら安心して任せることができるでしょう。業者を選ぶ時に注目するポイントは、産業廃棄物を収集するために様々なタイプの車を所有しているかです。廃棄物の中には悪臭がするものがあって、これを運ぶためには周りに臭いが漏れないような車でないといけません。また大量の廃棄物を運ぶことができる車があれば、何回も往復して運びだす必要はないでしょう。埼玉で廃棄物を処理するには、いろいろな廃棄物に対応することができる収集業者を選んでください。